ダイソン ソフトローラークリーナーヘッド 分解修理

こんにちはパパママENJOY LIFEのパパです。

前回ダイソンのコードレスクリーナーを分解掃除する記事を書いたのですが

ソフトローラーヘッドを分解したら、ホースの部分が破損していることに気が付きました。

なので今回はソフトローラーヘッドを修理してみたいと思います。

ダイソン掃除機の型式

DC74motorhead

基本的にV6シリーズと一緒です

初めてソフトローラーヘッドが搭載されたのがこの機種でした。

2014年に購入したので大体5年くらい使いました。

最新機種はこちら


破損部品交換

部品調達

破損した部品がこちら

「ダイソンソフトローラークリーナーヘッド用ゴムホース」

V6V7V8V10共用みたいです

検索したところ楽天で見つかりました

ソフトローラークリーナーヘッド用ゴムホース


ただ値段が5,980円!!

たっ高いぃぃ( ゚Д゚)!!

ヘッド丸ごと交換でも良かったんですけど、ヘッド丸ごとだと10,000円くらいするので

5,980円でホースを購入!!

届いた部品がこちら⇩⇩

ヘッドを購入したい方はこちら

ソフトローラークリーンヘッド
V6用


V7・V8用


V10・V11用


ソフトローラーヘッド分解

 

赤〇の部分をコインかマイナスドライバーで回します。

回すとロック部分が上方向に外れるので右に引き抜きます。

カバーが外れたら二つのローラーを外します

ここからはプラスドライバーとT型ドライバーのT8とT10が必要になります

家電修理に便利な工具
電動ドライバーとても便利です

T8トルクスネジを外すのに必要になります


T10トルクスネジを外すのに必要になります


赤〇がT8黄〇がプラスドライバーでボルトをそれぞれ外します

ボルトを外すとカバーが外れます

カバーを外した中にT8のボルトがあるので外します

反対側のT8ボルトも外します

ヘッド裏側の4本のT8ボルトを外します

これで吸い込み口のカバーが外れます

ホース取り付け部分が出てきました

ホースは溝にはめ込んであるだけなので簡単に取れます

ゴムホースの反対側を外すには赤〇のT10ボルトを外します

こちらの2本だけT10サイズになってます

ボルトを外すとゴムホースが出てくるので外してホースを取り出します

とりあえず応急処置としてサランラップ巻いて使ってました(笑)

新品と比べるとこんな感じ・・・なんか縮んで小さくなってる?

さわると柔らかさが全然違うやっぱ硬化しちゃってたんですね(;’∀’)

あとは逆の手順で元に戻して交換完了!!

動画も作ってみたので良かったら参考にしてみて下さい(*’▽’)

YouTubeのURL

関連記事

まとめ

流石にちょっとゴムホースだけで5,980円は値段が高すぎますね・・・

ヘッド丸ごと交換でも10,000円くらいで買えるので、めんどくさい人はヘッドを買ってしまった方が楽ですね

少しでも安く抑えたい人はゴムホース交換にトライしてみてください

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

家電修理の記事はこちら

ブログランキングに参加しています。

この記事を読んで良かったと思った人は応援クリックお願いします。
⇩⇩⇩⇩⇩
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村