ダイソンコードレスクリーナーバッテリー交換

こんにちはパパママ ENJOY LIFEのパパです。

今回はダイソンのコードレスクリーナー

DC74のバッテリー交換方法について紹介したいと思います。

最近すぐにバッテリーが切れるなと思っていたのですが

流石に5年使い倒したので限界だったみたいですね(笑)

ですがそこで買い換えないのが我が家のスタイル

壊れたら直して使う(購入の方が安い場合は別)

だってバッテリー以外は生きてるのに捨てるなんて勿体無い

最新モデルを新品で買ったら5〜7万くらいかかりますからね。

新品買ったら掃除が捗るのかと言ったら変わらないと思います。

ちょっと吸引力が強くなってちょっとバッテリーのもちが良くなっただけ

なので今回は、ダイソンDC74のバッテリーを交換してみたので

その方法を紹介します。

ダイソン掃除機の型式

DC74motorhead

基本的にV6シリーズと一緒です

初めてソフトローラーヘッドが搭載されたのがこの機種でした。

瀬戸弘司さんの動画を見て欲しいと思い購入したのを今でも覚えています。

2014年に購入したので大体5年くらい使いました。

最新機種はこちら


購入したバッテリー

バッテリーはアマゾンで互換品を購入しました。

値段は3680円

純正品が8800円ですから半額以下ですね。

容量も大きめの3000mAhを選んだので稼働時間も伸びるはずです。

ただ互換品を使うのにもそれなりにリスクがあります。

ダイソン互換バッテリー発火事故の記事⇩⇩⇩⇩

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190810-00000004-giz-sci

家の中で発火したら最悪家が燃えるなんて事もありえます。

なので互換品を使うのは自己責任、自己判断でお願い致します。

ただ互換品がすべて悪い訳ではないと思うので

私の場合はレビューを参考に購入判断をしています。

気を付けたほうがいいのは安くてもレビューのないものや

評価が高くてもレビュー数の少ない物ですね

レビューの数が多くみんなが高評価を付けている物であれば

リスクは低めだと判断しています。

 

バッテリーの交換方法

まずダストカップを外します

蓋を開ける開閉レバーを一番下まで下げると

ダストカップが外れます。

次にバッテリーを固定しているボルトを2本外します

1本はトリガーの裏側にあります。

もう1本はダストカップを外した所にあります。

ボルトを2本外したらバッテリーが外せるので

下に引き抜きます。

あとは新しいバッテリーに付け替えて元に戻すだけ

とても簡単です。

動画も撮影してみたので参考にしてみてください⇩⇩⇩

YouTubeのURL

バッテリー比較

付け替える前に互換バッテリーと純正バッテリーの比較をしてみたいと思います。

左が互換バッテリー 右が純正バッテリーです。

サイズは一緒ですが細かい所が少し違いますね。

日本語で書かれてますが中国製って書いてありました。

ちょっと怖いですね(;^ω^)

 

動作確認

バッテリー交換したら動くか確認してみます。

おお!!

おおお!!!

復活したー!!!

ちゃんと動くぞ中国製(笑)

容量増えた分ちゃんと稼働時間増えてんのかな?

今度検証してみたいと思います(^^♪

関連記事

まとめ

新品買おうか悩んでる人はバッテリー交換意外と簡単なのでオススメですよ

しかも修理費用は3680円に抑えられたので満足です。

使っていて不具合等ありましたら報告させて頂きます。

みなさんも出費を抑えてENJOY LIFEを送って下さい

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

家電修理の記事はこちら

ブログランキングに参加しています。

この記事を読んで良かったと思った人は応援クリックお願いします。
⇩⇩⇩⇩⇩
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村