ダイソンコードレスクリーナーV8バッテリー交換

こんにちはENJOY LIFEのパパです。

現在我が家で使っているダイソンのコードレスクリーナーDC74なんですが、家を隅々まで掃除するには駆動時間が足りていないのが現状です

大体家の1階部分を掃除して階段を掃除しながら2階へ上がった所くらいで充電が切れてしまいます(^-^;

そこで今回は2階用にメルカリでV8モデルを購入したので、バッテリーを交換してみたいと思います

MEMO
DC74の駆動時間はモーターヘッド使用時だと最大16分
DC74も互換バッテリーに交換しているので駆動時間は少し伸びているはずですが
体感的には16分より短く感じます

購入したダイソンコードレスクリーナー

Dyson V8 Fluffy

メルカリで¥12,500で購入しました

商品の説明にバッテリーが消耗していると書いてあったのですが、今回も自分で交換すればいいと思い、こちらを購入させて頂きました

V8モデルでも新品を買おうとすると¥35,000くらいしますから、かなり格安で購入できました

因みに最新のV15は¥100,000越えです(;^ω^)

最新モデルはこちら


購入したバッテリー

バッテリーは今回もアマゾンで互換品を購入しました。

フィルターも付いていました


V8互換バッテリー


値段は¥5,680

因みに純正品は¥9,350です。

今回も純正品より容量の大きい4000mAhを選びました。

やっぱり純正品と比べると容量も大きくなって安いので互換品を選んでしまいますね

 

注意

互換品を使うリスクについてですが下手なメーカーの物を選んでしまうと充電中に出火するなど、事故につながることもあるみたいです

互換バッテリー出火事故の記事

家の中で発火したら最悪家が燃えるなんて事もありえます。

なので互換品を使うのは自己責任、自己判断でお願い致します。

 

ただ互換品がすべて悪い訳ではないと思うので、私の場合はレビューを参考に購入判断をしています。

気を付けたほうがいいのは安くてもレビューの無いものや、評価が高くてもレビュー数の少ない物ですね

レビューの数が多くみんなが高評価を付けている物であれば、リスクは低めだと判断しています。

また今回はバッテリーに使用されているバッテリーセルがソニー製ということで安心材料になりました

バッテリーの交換方法

バッテリーを固定しているボルトは全部で3本あります

後面に1本こっちはそのまま外せます

もう2本は底面にあります

こっちは蓋を開けないと外せません

ダストカップを開けるとネジを外すことが出来ます

ボルトを3本外すとバッテリーが下に抜けるようになります

あとは新しいバッテリーに付け替えて元に戻すだけなので、とても簡単です。

バッテリー比較

付け替える前に互換バッテリーと純正バッテリーの比較をしてみたいと思います。

左が互換バッテリー 右が純正バッテリーです。

重さも図ってみました

★純正品 536g

★互換品 565g バッテリー容量が増えているからか少し重いですね

動作確認

バッテリー交換したら動くか確認してみます。

無事に動きました(笑)

DC74と比べると強モードがとてもパワフルに感じます

それと充電器の差込口ですが、かなり固いです

充電ブラケットを壁に固定しているのですがブラケットが割れそうでヒヤヒヤします(^-^;

なじむまで抜き差しには気を付けた方が良さそうです

ともあれこれで我が家の掃除機は2台体制になりました

各階に掃除機が置いてあるとちょっと掃除したい時などとても便利ですよ♪

最新モデルはこちら


関連記事

まとめ

バッテリーが消耗している中古品は安く取引されているので、自分でバッテリー交換するのオススメです

ネジ3本だけなんで簡単に交換できますよ

使っていて不具合等ありましたら報告させて頂きます。

みなさんも出費を抑えてENJOY LIFEを送って下さい

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

家電修理の記事はこちら

ブログランキングに参加しています。

この記事を読んで良かったと思った人は応援クリックお願いします。
⇩⇩⇩⇩⇩
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村