大自然と大迫力の滝に癒される 飛雪の滝キャンプ場

こんにちはENJOY LIFEのパパです。

2021年初キャンプ!!

今回は三重県最南端のキャンプ場「飛雪の滝キャンプ場」に行ってきました

10月に出産を控えるママのお腹はだいぶ大きいので、今回ママはお留守番( ̄▽ ̄)

息子と二人きりで!!・・・てのは厳しいかと思いジイジとバアバをお誘いしました

我が家の旅行記 飛雪の滝キャンプ場

飛雪の滝キャンプ場のチェックインが14時からということで、どこかでお昼ご飯を食べてから向かう予定で出発しました

キャンプ地が和歌山との県境なので、前々から行ってみたかった和歌山の勝浦漁港を目指して出発!!

勝浦はマグロで有名な町で、生マグロの水揚げ量が日本一なんだとか

3時間ほど走ってようやく到着!!

中々遠かった(;^ω^)

そしてお目当てのマグロ丼!!

坊はマグロカツ定食を食べました

お食事処 大和

マグロを堪能してお腹も膨れた所で、すぐそばにある勝浦漁港にぎわい市場へ

ここでキャンプ場で焼いて食べる用にマグロのカマを購入、お値段なんと300円!!安すぎる( ̄▽ ̄)

時間があれば那智の滝にも行ってみたかったのですが、流石に寄る時間が無く諦めました

また機会があれば那智の滝にも行ってみたいです

キャンプ場には勝浦から30分程度で到着!!

チェックインを済ませて、予約したコテージへ、今回は負担を減らすために初のコテージ泊です

ちょうど台風が来ていたのでコテージにしておいて良かったです(;^ω^)

テント客は1組しかいませんでした・・・

今回泊まるコテージはこちら

出来たばかりということもありとても綺麗でした

それでは早速ルームツアーへ

★キッチン

冷蔵庫、電子レンジ、湯沸かしポッド、IHコンロ、洗剤やスポンジなどもありました

★トイレ

バリアフリーになっていてトイレの中も広くなっています

★洗面所

ハンドウォッシュ、ドライヤーなどがありました

★お風呂

お風呂も広くて家族で入っても大丈夫

★お部屋

散らかっていてすいません(;^_^A

入ってすぐの写真を撮り忘れました

お部屋は、テレビにエアコンも完備!!

小さなサーキュレータも付いていました

暑い夏でも快適に過ごせます(笑)

★ロフト

坊はロフトに大興奮

夜はここで寝るそうです(笑)

外にはテーブルとイスもあり、バーベキューを楽しめます

そして何と言っても部屋からの眺め♪

キャンプ場のシンボルである飛雪の滝が眺められます

この日は台風の後ということもあり水量が多く水しぶきが部屋まで飛んできていました

ルームツアーも終わったことで滝まで散歩に行ってみます

近くまで行くと水しぶきと滝からくる風、そして音などの迫力に圧倒されます

雨が降ってきたのでコテージに戻って夜ご飯の準備をします

雨降ってますがバーベキューがしたかったのでタープを張りました

※テーブルの上に炭火焼コンロ置いてますが、テーブルを焦がさないよう焚き火用の耐火シートをひいています

お腹も空いてきたので、まだ明るいですが夜ご飯にします

本日のメニューは、勝浦で買ったマグロのカマと朝日屋の松坂牛そして坊の大好きなウインナーとコーンバターです

マグロのカマの塩焼きが絶品でした( *´艸`)

とても300円とは思えない♪控えめに言って最高です!!

暗くなると飛雪の滝がライトアップされてなんとも幻想的

そして周りに明かりがほとんど無いので、星空がとても綺麗でした

今回一眼を持っていかなかった事をとても後悔しています(T_T)

夜は本当にバアバとロフトで寝るそうです

パパはジイジと下で寝ます(笑)

次の日の朝、天気も良くなっていたので滝つぼで遊びます

昨日より水量は減っていて少し安心

滝の水しぶきで虹が出てました♪

昨日より水量が減ったとはいえ滝つぼに近づくと物凄い迫力!!

というか滝からの風と水の流れで近づけません(笑)

水は夏でも冷たくて長く入っていられません(;^ω^)

滝の近くにテントサウナが設置されていて、滝つぼを水風呂代わりにするみたいですよ

そんなことができるのは、ここだけかもしれませんね

坊の唇が青くなってきたので早々に切り上げて釣り堀に行こうと思います

釣り堀にはアマゴが放流されていて釣りを楽しむことができます

ジイジに教えてもらいながら

坊も挑戦!!

しかし・・・全く釣れません(;^ω^)

なんでも台風で魚が流れてしまったらしく魚の数が減り、警戒心も強いので釣るのは難しいとスタッフさんに言われました

ミミズなら釣れる可能性があると土を掘り返して探してきてくれたのですが、ミミズでも見向きもせず、結局かすりもしませんでした;つД`)

30分くらい付き合ってくれたスタッフさんありがとうございます(^-^;

そんなことをしているとチェックアウトの時間になってしまいました

今度来るときはコテージではなくキャンプサイトでテント張りたいですね♪

帰り道の途中でウミガメ公園にも寄りました

餌をあげることが出来て、カメが大好きな坊は大喜び♪

奥に大きなカメもいて、こちらでも餌やりができます

飛雪の滝キャンプ場から30分ほどなので是非行ってみて下さい




飛雪の滝キャンプ場の詳細

キャンプ場の特徴

このキャンプ場の特徴はやはり滝ですかね( ̄▽ ̄)

滝を見ながらキャンプできるキャンプ場はここだけだと思います

キャンプ場の場所

場所は三重県最南端の紀宝町で和歌山との県境にあります

近くには和歌山方面なら那智の滝や勝浦漁港、紀宝町だとウミガメ公園などがあります

名古屋からだと高速と下道で3時間30分、大阪からも高速と下道で3時間30分ほどです

キャンプ場内の施設

★コテージ

出来たばかりなのでとても綺麗です

★キャンプサイト用の炊事棟

★BBQ棟

炊事棟の奥にあります

★キャンプサイト用のトイレ

中もきれいです

★管理棟

★売店兼フロント

チェックインやチェックアウトは管理棟ではなくこちらで行いました

★テントサウナ

★釣り堀と水車

★遊具

 

料金

施設名利用料金(施設基本料)
テントサイト(日中利用)1区画レギュラーサイト 1,100円
ソロサイト 550円
テントサイト(宿泊利用)
※2泊目以降は500円割引
1区画レギュラーサイト 3,000円
ソロサイト 1,100円
コテージ(宿泊利用)
※2泊目以降は1,000円割引
サマー
7~8月
14,300円
レギュラー
4~6月 / 9~11月
11,000円
バリュー
12~3月
7,700円
研修室(日中利用)1室 1時間500円
研修室(宿泊利用)
※2泊目以降は1,000円割引
サマー
7~8月
19,800円
レギュラー
4~6月 / 9~11月
15,400円
バリュー
12~3月
11,000円
多目的スペース1日1,100円
キッチン(日中利用)1台 1時間500円
バーベキュー棟
※宿泊者は半額
1テーブル 3時間2,200円
※1時間超過ごとに500円
シャワー室3分100円
コインランドリー15分100円

オフィシャルサイト



 

飛雪の滝キャンプ場の感想

今回はママはお留守番ということで、ジイジとバアバを召喚し、4人で行ってきました

また初のコテージ泊だったのですが設置や片付けが無いので、これはこれで楽でいいですね♪

暑い夏でもクーラーがあるので快適に寝られます( ̄▽ ̄)

夏キャンプはコテージに泊まるのが我が家の定番になってしまうかもしれません(笑)

飛雪の滝キャンプ場は平成18年にリニューアルしたばかりと言うことで、とても綺麗なキャンプ場でした

そしてなによりシンボルの飛雪の滝ですかね、お部屋やキャンプサイトからも見ることができて、夜は滝の音を間近で感じながら寝ることができます

今度は生まれてくる子とママも連れてまた来たいなと思いました(‘ω’)

最後まで読んで頂いてありがとうございます



キャンプ関連の記事はこちら

ブログランキングに参加しています。

この記事を読んで良かったと思った人は応援クリックお願いします。
⇩⇩⇩⇩⇩
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村