コールマンスポーツスター修理 チェックバルブ交換

こんにちはENJOY LIFEのパパです。

今回は前回の続きです。

最近父親から3つのキャンプ道具を引き継ぎました

左からコールマンの

・シングルバーナー

・ツーマントルランタン

・ツーバーナー

の3つです♪

私が子供のころに家族キャンプで使っていたやつなので20年物ですね(笑)

ツーマントルランタンは問題なし

ツーバーナーはポンプカップ交換で直りました

詳しくは前回の記事で⇩⇩⇩

後はシングルバーナーのみ!!

ですが、こいつにかなりてこずりました(;^ω^)

蓋を開けてみると他の二つとは違い、結構使い込まれていた感じでした

燃料も満タン近く入っていました・・・(;’∀’)

20年前のガソリン(笑)

とりあえずポンピングしてみます

うん圧力はかかってる感触がある

ですが圧力をかけていくと・・・押し返される(;^ω^)

先端から指を離すと、先端の穴から勢い良くガソリンまじりの空気が出てきました

ダメだこりゃ・・・

とりあえず前回同様ポンプカップを交換してみたのですが・・・

まったく変らない(;´Д`)

ポンプカップ


原因を調べてみると、ポンプカップのさらに奥にあるチェックバルブという部品が原因のようです

とりあえず部品を発注


チェックバルブ


交換方法は前回同様ポンププランジャーを外します

ポンププランジャーを外したらエアーステムがありますので

回して外します

赤〇の部品がチェックバルブになります

とりあえずマイナスドライバーを突っ込んで回してみました

が・・・固くて無理でした(;^_^A

なのでラチェットの先にマイナスビットを付けてトライ

これで外れるだろ(∩´∀`)∩

が、そんな甘くはなかった・・・

いくら力を込めても回る気がしない(;´Д`)

マイナスだと接地面が小さすぎて、しっかりと力が伝わらないようです

中を見るとマイナスの当たり面が凹んでいます

これ以上やると壊れそうなので、一旦やめて外し方を調べました

するとどうやら専用工具があるらしい


だけど・・・高い!!(;^ω^)

何回も交換する部品じゃないので、専用工具にお金かけたくない・・・ってことで自作します!!

早速ホームセンターでM16ボルトを買ってきました

加工前の写真撮り忘れた(笑)

先端がフィットするようにサンダーで削って完成

いい感じ

ボルトの長さは100mmでちょうどいい感じでした

ただM12でも十分だったかもしれません(;^ω^)

M16だとボルト頭部のサイズが24なので・・・

そんな大きいソケット持ってなかったので、プライヤーで回しました(笑)

一時はダメかと思いましたが、無事取り外しに成功!!

溝がだいぶガタガタになってました(;^ω^)

外れて良かった♪

新旧比較してみると・・・⁈

Oリングが付いてない!!

(左が旧品 右が新品)

そりゃいくらポンピングしても漏れるわ(;´Д`)

先端を見てみると、中にはいっているボールの大きさが違う?

細かい所が改善されているのだろうか?

取り付けも作成した工具で取り付けます

しっかりとしめこんで

エアーステムも新品に交換

ポンププランジャーを取り付けたら修理完了です

スポーツスターⅡと交換部品



実際に使ってみて問題なさそう

これで父親からもらった道具は3つとも使えるようになりました

20年後に自分も息子に渡せるように大切に使いたいと思います(∩´∀`)∩

最後まで読んで頂いてありがとうございました

キャンプ関連の記事はこちら

ブログランキングに参加しています。

この記事を読んで良かったと思った人は応援クリックお願いします。
⇩⇩⇩⇩⇩
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村