ダイソンコードレスクリーナー分解清掃方法

こんにちはパパママENJOY LIFEのパパです。

前回ダイソンDC74のバッテリー交換をしましたが

本体がとっても汚かったので分解して掃除してみたいと思います。

 

ダイソン掃除機の型式

DC74motorhead

基本的にV6シリーズと一緒です

初めてソフトローラーヘッドが搭載されたのがこの機種でした。

2014年に購入したので大体5年くらい使いました。

最新機種はこちら


サイクロン部分分解清掃

まずはモーター部分とサクロン部分を分離します

ダストカップを外して

ダストカップを外した部分の裏側に白いつまみの様な物が見えます。

そこにマイナスドライバーなどを刺して内側につまみを押します。

両側あるので同時にやるか、片方ずつでも外れます。

外すとモーター側はこんな感じ

 

次にサイクロン側を分解していきます。

青いフィルター部分に隙間がある部分がありますので

そこにマイナスドライバーを入れていきます。

あとはマイナスドライバーを回しながら外していきます。

外すとこんな感じ

とっても汚いですね(;^ω^)

次に赤〇部分のトルクスネジを外していきます。

サイズがT8ですね。

家電修理に便利な工具
電動ドライバーとても便利です

トルクスネジを外すのに必要になります


外すとこんな感じになります。

次は中央の突起部分を引っ張ります

引っ張るとすぽっと外れます。

あとはサイクロン部分だけ

ここもトルクスネジで組付けられているので分解していきます。

この部分に4本と

この部分に2本ネジがあります。

全部で6本のトルクスネジを外すと

サイクロン部分を以下のように分解できます。

これですべてのパーツを分解できました。

あとはすべて水洗いして乾燥させます

注意
乾燥を怠るとカビ発生の原因になるので気を付けてください

乾燥が終わったら逆の手順で組み立てて終了になります。

とってもキレイになって気持ちいいですね(^^♪

今度からはたまには分解して掃除してやろうかと思います。(笑)

因みにサイクロン部分だけの購入も可能のようです

サイクロン部分


 

クリーナーヘッド分解清掃

クリーナーヘッドも分解清掃してやろうと思って

分解していたのですが・・・

分解してる途中で気づきました・・・・・・

 

ゴムホースの部分がちぎれてる!!!(◎_◎;)

横も!!( ゚Д゚)

 

どうりで掃除した後なのにゴミが落ちてるわけだ

ゴミ吸えずにモーターヘッドでまき散らしてただけだったのね(;^ω^)

ってことでどうにか修理してみようと思います。

下記にモーターヘッド修理の記事追加しました

関連記事

まとめ

ダイソンは5年くらいが限界なんですかね?

バッテリーに続きクリーナーヘッドまで・・・

流石にちょっと買い替えようかな?と思ってしまいました(;^ω^)

ですが、前回バッテリー交換したのが無駄になってしまいますので

どうにか修理してみたいと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

家電修理の記事はこちら

ブログランキングに参加しています。

この記事を読んで良かったと思った人は応援クリックお願いします。
⇩⇩⇩⇩⇩
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村