【DIY】壁掛けテレビボード自作 幼児がいる家庭にオススメ

こんにちはENJOY LIFEのパパです。

ご家庭に小さい子がいる方

テレビをそのまま置いてないですか?

我が家は置いてました・・・(;^ω^)

子供ってテレビの画面を触ったり

ゆすったりと危ないですよね?

そんな方必見、壁掛けテレビボードを自作してみたので

作り方など紹介したいと思います

地震対策にもなりますよ‼

テレビを壁掛けにするメリット

見た目がスッキリ

テレビを壁掛けにすると足を外せるのと

配線を裏に通すことでゴチャゴチャせず

スッキリ見せることが出来ます

上の写真はアパートに住んでいたころに作った

テレビボードです

子供が触っても倒れない

小さい子供がいる家庭では

子供がこんな風にテレビに触りませんか?

ダメだと言っても触るので怒鳴ってしまう時もありました

因みに親戚の家では子供がテレビを倒してしまったらしく

・・・(;´Д`)

子供に怪我は無かったみたいですが

画面が割れてしまい買い替える事に・・・( ;∀;)

壁掛けにする事でそういった危険も無くなります‼

地震に強い

最近また地震が多くて怖いですよね(´Д⊂ヽ

地震対策として家具の固定は基本だと思いますが

テレビの固定って難しくないですか?

壁掛けにすればしっかりとボルトで固定できますので安心です

テレビを壁掛けにするデメリット

壁に穴を空けないといけない

金具を壁に取り付ける際に壁に穴を空けないと

設置できません

新築で元々壁掛けの予定で設計されてればいいですが

新しい家で壁に穴を空けるのは抵抗がありますよね(;´Д`)

壁が石膏ボードの場合補強が必要

木造住宅の場合ほとんどが石膏ボードで出来ています

石膏ボードはモロくネジ止めしても抜けてしまいます

石膏ボードアンカーという商品もあるのですが

地震などが起きた場合テレビの重みで壁ごと

剥がれる可能性が高いです(;^ω^)

我が家とテレビについて

現在住んでいる家は

4年前に中古で購入しました

間取りや値段も満足の家だったのですが

テレビの場所が・・角‼

テレビボードを置いてもやっぱり微妙・・・(;^ω^)

ってことで壁掛けにしてみました~(´▽`*)

じゃーん‼

作ったのは3年ほど前になりますが

写真が残っているので作成方法など紹介したいと思います

壁掛けテレビボード自作

壁掛けボード作成前

テレビのサイズは40インチです

上から垂れてるアンテナ線も微妙・・・

壁掛けボード作成

2×4アジャスターを使ってボードを作成したかったのですが

上にはエアコンがあり2×4アジャスターを使って

ボードを作るのは無理そうです(;^ω^)

MEMO

2×4(ツーバイフォー)、1×4(ワンバイフォー)とは、木材の規格で、木の厚さが2インチ又は1インチ、幅が4インチであることから2×4材・1×4材と呼ばれます

2×4アジャスター


なので2×4を壁の裏にある柱に固定して

テレビボードを作りたいと思います

2×4はホームセンターで安価に入手可能

まずは壁の裏に隠れている柱の位置を探します

下地センサーという便利な道具があるので

これで柱の位置を確認

下地センサー


流石にセンサーだけだと心配だったので

念のためアナログな下地探しで確認しました

確認って大事ですよね(笑)


下地探し


柱の場所がわかったら

そこに2×4をビス止めしていくのですが

そのままビス止めすると当然ですが穴が開いてしまいます

もし万が一テレビの場所を変更したくなった場合

穴が残ってしまうので念のために壁紙をめくっておきます

壁紙はカッターで簡単に切れます

切れ込みを入れたら引っ張ってめくっていきます

こうしておく事で最悪元に戻せます

うっすらと線が見えますが

しっかりと処理すると全然分からなくなります


タイトル


ダメージを最小限にするために

ビスを打つ場所のみ壁紙をめくります

左側は大きくめくり過ぎました(;^ω^)

いよいよビス止めしていくんですが

いきなりビス打ちすると柱にヒビが入ったりするので

下穴を空けておきます

サイズはビスより少し小さめのドリルで行ってください

ビスより大きい穴を空けると当然ですが固定できません(^-^;


マキタ ペン型インパクトドライバー
これ一本で穴あけやネジしめなど幅広く対応出来ます
パワーもなかなかあるので家庭でのDIYならこれで十分です


木工用ドリルビット


2×4側はさらにビスより大きめに穴を空けます

柱側と同じサイズだとネジを締めこんだ時に

壁と2×4の間に隙間が出来てしまいます

隙間があると強度的に弱くなってしまうので

密着させるために行います

ビス止め終わった後に思ったんですが

こんなにビス打つ必要なかったかな(^-^;

テレビボードのベースができたので

上から1×4の板を張っていきます

1×4はウォルナットで塗装しました

刷毛で塗って

ウエスで拭き取ります

拭き取ることで刷毛ムラ無く仕上げられます

乾いたらウレタンニスを塗布します

着色ニスって書いてあるけどクリアです

ウレタンニスを吹いた後は表面がザラザラしてるので

紙やすりで表面を慣らして完成です

って事で1×4をどんどん貼っていきます

1カ所だけ配線を出せるように分割して貼ってあります

 

テレビ台も置くので一番下までは貼りません

テレビ台を置いたらピッタリハマりました

ですが・・・

左側から2×4が見えてしまいます

これも塗装しとけばよかったか?

さらにテレビ台もちょっと出てる(^-^;

なので横にも板を貼ります

形に合うようにカット

2×4にビス止めしました

テレビ台もピッタリ

ボードはこれでほぼ完成です

次はいよいよ壁掛け金具を取り付けていきます

金具は角度調整ができるアーム式がオススメです

角度調整が必要ない場合は固定式でOK

壁掛け金具
アーム式


固定式


取り付けはテレビ側とボード側で

金具が分割できるようになっているので

それぞれ取り付けます

テレビ側はボルト4本で固定するだけ

ボード側もボルト4本で固定するだけなのですが

ボードに取り付け穴を空けないと取り付けられません

固定用ボルトはホームセンターで買ってきました

まずは取り付け位置を決めて

穴を空ける位置にマーキングします

買ってきたボルトのサイズがM8なので

Φ9サイズのドリルで穴をあけます


木工用ドリル
木に穴を空ける場合小さい穴なら問題ないのですが
穴が大きくなると位置出しが難しくなります
今回のような金具取付穴を加工する場合は
木工用ドリルを使うのがおススメです


加工完了!!

ボルトは裏側から大きめのワッシャーをかませて刺します

ボード側の金具取付が出来ました

あとはテレビ側の金具をボード側の金具に引っ掛けて

固定用ボルトをしめたらテレビの取り付け完了‼


ベッセル電動ドライバー

2010年製のテレビなので物凄く重たいのですが

アームを伸ばしても安定してます

テレビの場所が部屋の角なので

角度変えられるのは便利です

あとは配線のみ(∩´∀`)∩

配線はボードの裏を通します

配線が垂れないようにアームの隙間を通して配線しました

完成‼

配線も見えないのでとてもスッキリです

下のテレビ台はというと・・・

現在は坊のおもちゃ置き場にされております(^-^;

ちなみに当初は横にPCを置いていたのですが

テレビ台に登った坊がPCを上からのぞき込んで

よだれを垂らすという、あわや大惨事になりかけました(;´Д`)

これは大事なパソコンを横に置いておいたパパが悪いのですが(^-^;

どうしてもPC画面をテレビに映したかったので・・・

PCはテレビ台の中に入るサイズに変更して

扉を開けられないように対策しました

まあもうすぐ4歳になる今の坊には意味ないですが(笑)

まとめ

壁掛けテレビボードは見た目が良くなるだけでなく

子供のいたずら対策

地震などの災害対策にもなります

子供は色々な物を触りたがりますから

テレビなど、倒れると危険な物は対策を打っておくと

無駄に起こることも減りますし

子供ものびのび遊べるのでとてもおススメですヾ(≧▽≦)ノ

今回はクーラーに干渉してしまうため

壁に穴を空けてビス止めしましたが

2×4アジャスターが使える場所なら

壁に穴を空ける事無く

テレビボードの作成が可能ですよ

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

子育て記事はこちら

ブログランキングに参加しています。

この記事を読んで良かったと思った人は応援クリックお願いします。
⇩⇩⇩⇩⇩
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村